jubeat plus新パック紹介7

すでに記憶に無かったのですが、今回の配信予想をしていたようで、ほぼ正解でしたやったねテヘペロ

↑間違えようがないですし、間違えがあった時点で「オイオイ」ですよね……

前置きはほどほどに、初期ボス曲であった双皿に、多機種からの移植曲を絡めた配信でした。簡単ですがご紹介を。

アストライアの双皿…典型的なラス殺し。リズム難の傾向も強いので、曲を聞き込んで、リズムを押さえながら、いかにラストを耐えられるかが、スコアアップのポイントかと。

BLUE STRAGGLER…「ステラ2」という感想だったのですが、実際そうだったようで。桂馬押しでリズムを取っていくという点では、「candii」に近いのかもしれません。

POINT ZERO…猫叉Master+特有のリズム難、個人的にはこの人の曲は日暮れや闇夜を連想させられるのですが、今回もそんなイメージですね。

キラキラ☆ステーション…黄色にして、上下同時押しやNGゾーン満載の文字押しを強いると言うコンボラー泣かせの譜面。つなぐには相当な研究が必要と思われますが、そこまでしてまでつなぎたいというモチベーションが……

今作の譜面全般に言えるのですが、押しづらい譜面で難度を上げているような気がしてなりません。桂馬押しの乱発は、手の小さい人にはかなり厳しいと思います。初代の曲は、ズレなどありましたが、押しやすい譜面ばかりでかなり愛着もあったので、そういう曲を消すのではなく、いつまでも愛され続ける譜面をつくってほしいと、1ファンとして、心から思います。

もし参考になったら共有していただけると跳ねて喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.