「GITADORAで判定が合わない」と感じた時に調整したい設定

前回の更新(GITADORA雑感(初日)/FG)で書いたのですがともかく判定が合わないという。

色々と確認してみた結果、XGの時とそもそもの設定が違う模様。

おそらく初期設定ではすべてGITADORA設定になっているのですが、以下の手順でXGの時の設定に調整出来ます。

バス×2回でヘルプ画面を表示させます。

・判定調整プリセット

こちらを「XGシリーズ」で設定すると判定調整の設定を一括でXG設定に。
判定調整設定はおそらく「判定タイミング調整」「ノーツ表示調整」「演奏音タイミング調整」の3項目。

GITADORA設定(デフォルト?)
「判定タイミング調整」・・・0
「ノーツ表示調整」  ・・・-
「演奏音タイミング調整」・・リアルタイム

XG設定
「判定タイミング調整」・・・-1
「ノーツ表示調整」  ・・・-
「演奏音タイミング調整」・・ディレイ

ここ。
「別に判定が合わないわけではないんだけど、あんまり精度が良くない」というのはここが絡んでいるんじゃないかと。
判定タイミングの「-1」と演奏音タイミング。

この微妙な違いが精度のズレを出しているのかもしれません。

もし未調整の方がいればぜひともお試しください。

あとFAST/SLOW表示で全体的に早く押し気味なのか、遅く押し気味なのかを見てみるのもいいかもです。
※設定はヘルプ画面のどこかに違う言い回しであったのですがすっかり忘れてしまいました。初期設定で「OFF」になっているはずなのでその辺を見ていただくと分かるかもしれません。

***

ちなみに自分はGITADORA設定に身体を慣らしていくことにしました。
「リアルタイム演奏音」って今回のウリの一つではあると思うのでそれを使わないのはちょっと勿体無いかなとw

【追記】
判定幅は一緒だそうです。
レスポンス感覚が変更したため、判定タイミングなどを調整できる部分があるとか。

判定について公式からの説明 – ライトニングボルト!

【追記2】
判定ラインを大幅に調整したところパフェ率が上がりました。
参考:判定ラインの位置を30にしたらパフェが出ない問題が解消される。

もし参考になったら共有していただけると跳ねて喜びます!

「「GITADORAで判定が合わない」と感じた時に調整したい設定」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.