SIX DIMENSION/96(EXT-D)の譜面がちょっと見えるようになった〜序盤の切りどころ

six-dimension
SIX DIMENSION/96
Extreme:8.60

「SIX DIMENSION/96(EXT-D)の譜面がちょっと見えるようになった」というタイトルにしてみたものの。
うん。

見えている
レベルじゃ
ない

というのは重々承知なんですが、プレイしている上でちょっと「見えた」感があったので復習も兼ねて。

 

現段階で分かるハマりどころ

「切りどころ」にしてしまうともう22-21で出している以上、途方も無いことになってしまうので、「あ、ここ外してるなー」と思ったところを。

序盤
six-dimension_ext

以前、放課後ストライド譜面フィードバックでコメントいただいたとおりなのですが・・・

放課後ストライドのSN-HT-LT-LTや
X-Ttreme Grade、Six Dimensionの高速SN-HT-FT-LTは
RLRLで叩くと自然にいけますよー

まさにこのことですね。
ちなみにMAS譜面がまさにご指摘のあったとおりで。

six-dimension-mas_1

なるほど。
片手が無理しない感じでいいですね。

EXT譜面もLL入りで無理に繋げなくもなさそうなのですがHH-HTの間に高さがちょっとあるのでジェットしやすい手順になりそう。

ただ、R入りもまだ全然慣れずにできないという・・・頭で考えて身体が止まってしまうので練習。

***

序盤
six-dimension_ext-2_1

ADVの時はL-L-Rで処理。(1枚少ないため)
ここ、空間把握が甘いのかもしれないですが、HH-LC区間をLLで乗り越えようとすると結構な確率でどこかに引っ掛かってジェットすることが多し・・・なので最後のLCはRで処理と。

ひとまずここまで。
課題はもっとあるのだけれど、一旦A判定を目指して頑張る。

参考譜面動画

もし参考になったら共有していただけると跳ねて喜びます!

「SIX DIMENSION/96(EXT-D)の譜面がちょっと見えるようになった〜序盤の切りどころ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.