GITADORAを振り返って(有田)

P1002208

FGさんも上げておられますが、自分も今作を振り返りつつ、自身の成果と課題をメモ的に残してみようかと。

前作、青/青だったので、今作は紫/紫を目指していたのですが、一応当初の目標は達成できました。

ただ、ドラムはつい先週まで青グラ止まりでしたので、ホントギリギリでの達成でした。前作は4100はあったので、1000以上スキルを上乗せできなかったという点では残念でした。

成果①・・・コンボを意識できるようになった

「ドラムはコンボゲー」とFGさんからずっと言われ続けてきたことの意味を、ようやく理解でき、活かせました。自分の場合、中難度をS~SSでスキル対象入りさせるパターンが多いのですが、そうなると「どこで切るか」が重要になってきます。腕前の問題もあり、どうしても切ってしまう箇所がある譜面では、それ以外をいかに繋ぐかに意識を向けることで、スキルを稼げるようになりました。プレーしながら、「あ、これはコンボ稼げてる!!」というのを感じられるようになり、精度度外視で繋ぎを優先し、スキルを伸ばせた曲が結構多かったように思います。パフェ率が絡む85%とコンボ率が絡む15%で成り立っているスキルですが、S以上になるとコンボをどれだけ繋げるかが大事になってくると感じました。

成果②・・・タム振り耐性がついてきた

まだタム回しが捌けるとは言い難いレベルですが、突発的に振ってくるタムには喰らいつけるようになりました。「哀愁のコリゴリラ」や「TOCCATA」のような譜面がスキル対象入りしたあたり、打ち間違えが少なくなったのだなぁと。

成果③・・・スキルの伸ばし方が分かってきた

XG2の終わり頃、FGさんに後ろから見てもらい、稼げそうな曲を挙げてもらっていたら、もの凄くスキルが伸び、一気に緑になったということがありました。最近あまりそういうことをしなくなったのですが、やはり「上手い人に稼げそうな譜面をオススメしてもらう」というのは有効だと思います(もちろんハズレもありますが、それは怒らないことw)。また、以前教えてもらった「伸びしろに困ったらスキル対象1周」というやり方がとても効果があるということを学びました。以前は「大した伸びも期待できないし、対象外から引っ張り出した方が効率的だろう」と思っていたのですが、対象入りするということは「譜面が自分のプレースタイルに合っている」ということですし、まだ詰めていないだけということもある(自分の場合、それが顕著だったのを痛感しました)ので、伸びが見られなくなったら、すべきだと思いました。1つ1つは大した伸びではないかもしれませんが、自分の場合はそれが積み重なって今回のスキルになりました。

課題①・・・LP(というより脚全般)を見る余裕がない

刻みの中の裏バスや単純なdkdkなどは、だいぶ克服できたのですが、「LP一定+BP不定」みたいな譜面は手に夢中で全然見えていません。「モナリザ(EX)」がいい例で、クリアしたいあまり、両足を8分(?)でひたすら踏み続けた結果、件の箇所が全部繋がってしまい、何とも申し訳ない気持ちになりました……

課題②・・・ゴリ押しクセを何とかしたい

コンボがかかっている時などは、タムやスネアの3連などを、ことごとく片手一本で捌いている自分の姿があります。そういうプレースタイルなので、普通のスネア4連などもきれいに交互で叩けずにコンボを切ってしまうのもしばしばで、これは今後さらに上を目指す上での最重要課題だと思っています。

長文失礼しました。今作も後から始めたはずのギターで先に紫になってしまったのですが、あくまでもドラムメインなので、FGさんを目標に頑張りたいと思います。

明日が新作稼働なので、プレーできたら速報を上げたいと思います。

もし参考になったら共有していただけると跳ねて喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.