先週のテンビリ日記。高速譜面の手首の使い方を考える。

先週のテンビリ日記。
GWの後半を使って頑張ってみました。

tenbiri

紫譜面が62%→67%へ。

 

振り返り

tenbiri

ひとまず今作の今のところのベスト。

 

叩き方

そもそもの高速譜面の叩き方が色々と勉強不足、ということで色々と探していたところこんな動画を見つけました。


モーラ奏法。

手首の使い方。大菱形骨の動きというのが興味深い。
まだ実践してみて2日程なので、きちんと出来ているかどうかすら怪しいところなのですが感覚的には悪くなさそうな感じ。疲れは少なめ。

以前もドラムのテクニック的なものを色々と漁っていた時に「ドアノブを回すような感じの使い方」というのを見たことがあるのでひとまずその辺を意識してみようかなと。

上手いプレーヤーの動画を見ていると手の中で細かく動いているだけのように見えるのだけど、こういった細かい技術が潜んでいるのかもしれない。
ともかく練習練習。

あとは精度ですね。。

もし参考になったら共有していただけると跳ねて喜びます!

「先週のテンビリ日記。高速譜面の手首の使い方を考える。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.