【雑談】1万時間の法則を考えながらGITADORAの練習する。

最近ビックリするくらいにスキルが伸びないのでちょっと雑談など。

 

1万時間の法則

1万時間の法則「どんなスキルでも1万時間練習をすれば達人になる」というのがあります。
なんとなく思ってるのがランカーと呼ばれるような人々は1万時間の練習量とかを既にやっているのだろうなあと。

この1万時間、結構な時間で計算してみると、

10,000時間÷365日=27.39時間

一日中寝ずにぶっ続けでGITADORAやっても1年じゃ終わらないというw
そこで現実的な問題として1日1時間練習をするとしたら…

10,000時間÷365日=27.39

27年。
60歳近くなって達人になるってことですね…orz

まあ今までの時間とかを加味すると多分3000時間くらいはやってるだろうから残り7,000時間くらいと考えて1日1時間。

7,000時間÷365日=19.17

うん。50歳超えてる。

 
もっとも最近ではこの「1万時間の法則」にも懐疑的な声もあるのでなんとも言えないのですが、ひとつの練習の参考にはなるのかなと。

参照:「どんなスキルでも1万時間練習すれば達人になれる」は正しくない:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

 

高難易度をやる

以前に「難しい曲・高難易度曲にチャレンジするということ」というのを書きました。

自分自身のことですが、やっぱり上手くいかないと簡単な曲をやって心を安らげちゃうんですね。
難しい曲が訓練になるって言って、プレイしてても全然うまくなっていないような気すらするし、逆にスコアが落ちたりもするし。

ただそこがうまくなっていく人とうまくならない人との分かれ道になるのかなーと。

最近は以前よりも積極的になるべく8以上の曲をプレイするように心掛けています。あと出来ない曲。

india

kouen

seiten

8以上の曲と出来ない曲達w

漫然とプレイするよりも難易度の高い曲をプレイして、より頭を使ってプレイした方が濃い練習ができるんじゃないかと。
前述の1万時間の法則にしても低レベル曲を1万時間やるより9以上の曲を1万時間やった方が上手くなりそうですよね。

今の自分の基準では「8以上」を意識しているのですがほんとはこれも先のことを考えると本当は9以上とかにした方がよさげ。
もっと言うと漫然と9以上やるよりも譜面を分析しながら、一つ一つの譜面解釈をしっかりやった方がいい。

そもそもさっきの計算上「1万時間」やるにしても相当な時間がかかってしまうのでより早く、よりレベルの上がる方法を考えていくのだ。

 

譜面解釈

譜面解釈においてはこのブログでやっていきたい。

ひとつの曲を一挙に解釈しようとするとどうしても手間がかかって億劫になってしまうのでちょっとづつでもいいから取り組んでいく。
実際手順を考えるようになってから頭をとても使うようになった。これは結構有効だったんじゃないかと。

引き続き地味に頑張ります。

 

まとめ

最近のスキルの上がらない感じに「どうやったらうまくなるのだろう?」と考えてまとめてみました。
自分と同じスキル帯の人でも違う人でも同じような悩みを持っている人はいると思うのでお互い地道に頑張りましょう…

もし参考になったら共有していただけると跳ねて喜びます!

「【雑談】1万時間の法則を考えながらGITADORAの練習する。」への4件のフィードバック

  1. 同じ悩みを抱えている銅ネ(31)です。

    センス・練習量・若さも要因かと思いますが、私自身は自分が伸び悩んでいる原因を譜面を覚える努力を怠っている事だと思っています。

    ギターはボタンが少ないから覚えられるんですけどねえ。

    1. ある程度から譜面を覚えることをはじめないとちょっとつらくなってきますよね。
      スキルも上がれば上がるほど上昇幅が小さくなるのは仕方がないのですがそれでももうちょっと伸ばしたいなーと思う日々です。

      あとだいぶ前かと思うのですがギター金ネおめでとうございます。なんかこっちまで感動しました!w

  2. 金ネありがとうございます!
    どうしてご存じなのかと思ったら、
    フレ登録頂いてたんですね、ありがたや。

    ギターの呪縛から解放されたので
    ドラムも頑張ります。伸びないけど。

    1. ギターをたまにやるとスコアの違いが圧巻過ぎて笑うしかないですw

      ドラムもお互い頑張りましょう!
      (抜かれそうで怖いですw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.