「GITADORA Tri-Boost」の新要素「アドバイザーSkillポイント」について

今作初めて登場した「アドバイザーSkillポイント」の概要を、セッションの仕様と併せて紹介します。

P1001427

セッションプレーをすると、リザルド画面に移行する前に、このような画面が出てきます。達成率やパフェ率、コンボ数などが合算され、出来具合による「シンクロメーター」なるものも出てきます。これは、そこまで細かいものではないようで、極端な出来の違いがない限り、概ねシンクロするようです。

P1001429

「ベアガーデン」も、ちゃんと2人分の画面が出てきます。このあたりはちゃんと配慮されているなぁと。

「アドバイザーSkillポイント」とは「セッションした時に相手が上がったスキル」ということのようです。自分のプレーした限りでは、500ごとに文字パーツ(「アニキ」→「先輩」→「公認インストラクター」→「先生」だったかな?)がもらえるようです。

現時点では解禁には直接影響はないようですが、これが解禁に絡んでくると、かなりやっかいなことになりそうですね……

もし参考になったら共有していただけると跳ねて喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.